【城下店】今月の店長のオススメ(2021年2月)

読み物

タイトル
トコトンやさしいねじの本
作者
門田和雄
出版社
日刊工業新聞社

「ねじ」それは、日常使われてるものに当たり前に使われている物。
そんな「ねじ」の事が、素人にも解りやすく凝縮された本です。

エンジニアの方以外にも、「ねじ」に興味がある方におススメの1冊です♪ 

 

コミック

タイトル
妻、小学生になる。
作者
村田椰融
出版社
芳文社

10年前に妻を亡くした主人公。ある朝、小学生の女の子が自分は他界した妻だと言って主人公の前に現れる。
未だ妻が生まれ変わったことに実感はないが、小学生(元妻)が作った弁当を食べると、昔のお弁当の思い出が、
お弁当の味とともに思い出されて嬉し涙を流す。

当たり前だった日常の生活が失われた時、幸せに気付く。奇跡の中に物語が始まります。

 

その他

タイトル
おしりたんてい
作者
トロル
出版社
ポプラ社

見た目はへんてこなお尻な頭のおしりたんてい。

だけどそんな見た目とは裏腹にダンディーな声と冷静沈着で紳士な名探偵だ。
助手のブラウンくんと一緒に難事件に挑み、強烈なおならで犯人を追い詰める!